150. 御代聡子 akiko miyo

RAS Facilitator

自分の生い立ちに、世界一の不幸せを背負ったような気持ちを拭えずにいた時にRAS®に出会いました。

ファシリテーターの発する質問にyes・noで答えていく私の身体にとても驚き「小宇宙」を感じました。RASを受け続けるうちに、人目を気にしなくなり、苛立ちを感じることも減り、どんどん自由になっていっています。

あなたの身体はあなたを一生支える大切なパートナー。RAS®を通して身体への信頼を強め、生きやすくするお手伝いができたらと思います。


又はメッセンジャー御代聡子