RAS-tuuti uno
  

********

吉田 めぐみ

megumi yoshida

********

RAS-tuuti uno

一般社団法人tutti uno 代表理事

RAS-インストラクター

RAS@インターナショナル認定インストラクター

セルフケア&
親子で出来るストレスケア講座
マスターインストラクター

Holistic care salon 香りの森doze
オーナーセラピスト

 

Facebook
Facebook

Meg_RAS / tutti uno
@aromaforestdose2005

吉田めぐみ
@megumi.yoshida.5074

香りの森doze
@aromaforestdoze

Instagram
Instagram
@meg.ras_tuttiuno

 

 

RAS®との出会い

RAS®との出会いについて

自分自身の大病を克服して以来、医療機関の治療や健康診断は10年以上受けたことがないのですが、心からのメッセージを溜め込まないよう、これまでも、ヒプノセラピーやキネシオロジーなど様々なヒーリングやセッションを多岐に渡り、楽しみながら受けていました。

RAS®もそのひとつ、
のつもりでした。

セッションを受ける少し前、私にとってとても悲しい出来事がありましたので、少し気持ちが楽になったらいいなというくらいの期待値で。
ところが、その後すぐに、辛いと感じたその場面が霞がかかったようになり思い出せなくなってしまったのです。

最初は一体何が起きたのかと思いましたが、すぐに付随したネガティブな感情までも解けて消えてしまっていることに気づきました。

※書き換えでなく、消化するため、その後戻ることがないのもRAS®の特徴です

その時に出た信じ込みは
「正義だ」
 
解放を受けた直後に、
あぁそうか…
私が自分が正義だというフィルター越しに見ていたから、相手を悪と感じてしまっていただけだったんだ
悲しみは他者から与えられたものでなく 自分が生み出したモノだったんだ
と、抱えていたネガティブな感情がスッと消えてしまった感覚があり、

同時に
「これ、みんなが受けたら戦争なんてなくなる💡」
と直感的に感じました。

そしてRAS®代表である松坂氏も
同じことをおっしゃっていることを仰って

(作り上げた方がそう考えてらっしゃるんだ!やっぱりそうなんだ✨)

私は深いところでこれを待ち続けていたんだな…と思える本質的なものとの出会いに、その日はワクワクして眠れなかったのを覚えています。

その後迷わずファシリテーターになり、インストラクターとなったのは、
私が生涯にひとりで出来るセッションには限界がある、中継地点になってもっともっとRAS®が広がってほしいと思ったからです。

もちろんRAS®はひとつのツールであり、RAS®ありきの世の中ではありませんが、今どんなに辛い状況下にあったとしても、みんなひとりひとりが
かけがえのない光の存在なんだよと伝えたい、そんな気持ちが私の原点。

全国のRAS®ファシリテーターから
一人でも多くの方にRAS®を体験していただけたらいいなと日々思っています。

🌱

あらゆる森羅万象は、
互いに相反する性質を持った陰陽二つの気から成る、陰陽二元論であると言われますが、自分の中にある 悲しみ、怒り、嫉妬、憎しみ、諦めなど小さな違和感を認めずにいると、それは未消化な感情となり、それが望まない現実を創り出していきます。

感情は消化されるまで残り続け、感じ切ることでしか消化されることはありません。

抱えている問題のすべては、私自身が創り出していて、そして、その解決方法も私の『内側』にあることを知りました。

『内側』が、『外側』の現実を創り出していることを知り、勇気をもって自分の『内側』を見ることができると、今、ここから、未来は変わりはじめます。

「誰かと比較することなく、自分がありのままの自分でいることに価値がある」

そしてここを認められるようになってくると、

自分に関わる人たちにも、
同じように価値があることを
感じられるようになってくるのです。

🌱

My Experience with RAS®

How I was Introduced to RAS®:

After overcoming my own personal experience with a serious illness, I have not had any medical treatment or checkups for over a decade, but I tried a variety of healing methods including hypnotherapy and kinesiology in order to be more in touch with the healing of my true inner feelings.

I thought at the beginning that RAS was of the possible methodologies.
Prior to my first session, I had been experiencing undue amounts of stress. In the beginning, I had minimal expectations, just hoping that something would make me feel a bit better. Immediately following the session, my painful scene became unclear (misty), and it was no longer prevalent in my mind: I was forgetting it.

I was astounded with this outcome that the negative feelings associated with it were also washed away (melt away) and forgotten.

  • A unique feature of RAS is that it does not force a rewrite of one’s emotions but allows for digesting those emotions, identifying them as synthetic or artificial, imposed onto the world you feel or know as true, so that there is no turning back. RAS leads you to processing of those emotions rather than suppressing the pain, that comes from those emotions.
    The session told me my unconscious belief (preconceived notion, firm conviction or what the person believes to be true) was: That I was holding injustice deep down.

Right after letting go of (surrendering, releasing) my own unconscious belief, I realized that “oh yea… It was only because I had been looking through a filter of my own righteousness in a biased way that I had perceived as “wrong”
My grief was not given by others, but it was created by me. I was creating it.
I had the feeling that the negative emotions that I have been holding in my mind disappeared.

At the same time, I intuitively felt, “if everyone would experience it, there will be no war.” After a while, I heard that the representative of RAS, Matsuzaka was saying the same thing.

“I knew it! I figured it! It was what I expected.”
I remember I couldn’t sleep that night because I was so excited to encounter something so essential that I have been longing for deep down.
I became a facilitator and then an instructor without hesitating, because there was a limit to the number of sessions that I could do by myself in my lifetime. I want to spread RAS more and more by developing other facilitators.

Of course, RAS® is only one tool of many, and I feel that it could even be a “must” of things to experience. I want to tell you, that each and every one of us is an irreplaceable source of light, no matter how difficult it seems. This is my starting point.

I hope every day that as many people as possible will have chance to experience RAS® from the facilitators nationwide.